逃げた メイウェザー勝った|対パッキャオ戦 判定のポイント差は?

逃げた,メイウェザー,勝利

逃げるが勝ちは本当だった
世紀の一戦はメイウェザーが判定3-0で勝利
判定のポイント差は?

ボクシング世紀の統一戦フロイド・メイウェザー・ジュニア対マニー・パッキャオ戦
勇猛果敢に攻めてくるフィリピンの英雄マニー・パッキャオに対して
終始バックステップで逃げるメイウェザーの判定3:0で勝利

メイウェザー パッキャオ 判定のポイント差

メイウェザー パッキャオ,判定,ポイント,差

メイウェザーがパッキャオに判定勝ち
判定のポイントは見た目より開いていた

メイウェザー3-0パッキャオ

(118-110,116-112,116-112)

メイウェザーが見事3団体統一を果たした

[WBO王者]マニー・パッキャオ
戦績64戦57勝(38KO)5敗2分

[WBA,WBC王者]フロイド・メイウェザー
戦績47戦47勝(26KO)

逃げるメイウェザーにブーイング

やっぱりボクシングは豪快なKOを見たかった。

ファイトマネー空前の250億と言われた世紀の一戦だっかが

両者譲らぬ手に汗を握る試合に間違いはなかったものの

終始、逃げるを選んだメイウェザーが勝利した形となった。

メイウェザーに関しては母国 アメリカのラスベガスでタイトルマッチ
を行ったにもかかわらずブーイング続き

それは、彼が金の亡者と言われ、豪邸や超高級車を乗り回す、また

マイクタイソンやモハメドアリに対する言動面での

問題など彼の人間的な部分へのブーイングと

鉄壁のディフェンスを武器に

47戦47勝と無敗で5階級制覇という記録中心の

ボクシングに対するブーイングのようだ。

パッキャオへの声援が熱かった

対するマニー・パッキャオは

64戦57勝(38KO)5敗2分と5つの負けはあるものの

その攻撃的なスタイルは母国フィリピンのみならず

世界中のボクシングファンを魅了している。

試合運びは

プレッシャーを掛け迫り続けるパッキャオに対し
メイウェザーはバックステップで下がって距離を取って
パッキャオの手がやや止まったとみるとこのジャブで襲うという

ヒット&アウェイでポイントを重ねるもの。

Twitterでもこの世紀の1戦に

判定だとメイウェザーか。パッキャオが攻めてていいと思ったけどな
逃げたメイウェザー勝った
ッキャオが攻めてメイウェザーは逃げながらコツコツ当ててポイント稼ぐだけ

とパッキャオを押す声が圧倒的だった

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 5180umIoN0L._SY355_ リオデジャネイロ・オリンピック マスコット2体SET通販
51l7nohGOOL._SX342_ リオ・オリンピック公式グッズはこちら

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る