清宮幸太郎の中学・小学校時代 東京北砂リトルと調布シニアの伝説

  • 2015-7-20
  • 清宮幸太郎の中学・小学校時代 東京北砂リトルと調布シニアの伝説 はコメントを受け付けていません。

清宮幸太郎,小学校

清宮幸太郎は中学・小学校時代 から怪物だった!!
中学・小学校時代 に東京北砂リトルと調布シニアで見せた伝説の数々をご紹介。

清宮幸太郎選手の小学校時代は
リトルリーグ世界大会で和製ベーブ・ルースと呼ばれ開催国アメリカを驚かせ
中学校では調布シニアで150m弾の強打を恐れられた清宮幸太郎選手。

2015夏の甲子園予選が始まりましたが
大注目は早稲田実業の1年生清宮幸太郎内野手

1年生ながら清宮選手は入部3日でレギュラー獲得
この東京都夏の予選は3番ファーストでレギュラー出場しています。

5回戦の日野戦でも4打数4安打3打点
夏の甲子園予選は
通算3試合で10打数7安打の打率7割、7打点となった。

清宮幸太郎の小学校時代

清宮幸太郎選手は1999年5月25日生まれ
現在の年齢16歳
東京都で生まれました

父はラグビー界の至宝とも呼ばれた清宮克幸氏
ヤマハ発動機の監督です。

小学校時代は東京北砂リトルで活躍した清宮幸太郎選手ですが
父の勧めではじめたラグビーから
野球に転向したキッカケは2006年夏の甲子園でした。

この夏の甲子園
田中将大(現ヤンキース)とハンカチ王子 斎藤佑樹(日本ハム)
の投げ合いの再試合の決勝戦

小学校1年生の
清宮幸太郎少年は早実初等部1年として早実 斎藤投手の
大フィーバーを甲子園のアルプススタンドで応援し大興奮したらしいです。

この、甲子園の観戦が大きく
清宮幸太郎少年の心をラグビーから野球へ傾けていったそうです。
早稲田実業のユニフォームを着て甲子園に出場し日本一になることを夢見て練習に励んだそうです。

小学校・中学・東京北砂リトル時代の伝説

甲子園目指してはじめた野球ですが
清宮選手は小学校の時は東京北砂リトルで大活躍しました。

東京北砂リトルは実績、実力とも国内外でも有名で
世界選手権にも出場し優勝したチームです。

東京北砂リトルでの清宮幸太郎選手はまさに和製ベーブルース
と呼ばれていました。

投手をしていた清宮選手は球速MAX129キロ

東京北砂リトル時代の通算ホームラン(本塁打)数は132本塁打

リトルリーグ世界選手権では
東京北砂リトルのエースとして出場し優勝

5試合通算12打数8安打で打率・667、3本塁打
投手としても2試合2勝0敗15奪三振

大会史上最長94メートルの飛距離のホームラン

本場アメリカの野球ファンも小学生離れした
清宮幸太郎選手を和製ベーブ・ルースと呼びました!

清宮幸太郎 中学 調布シニア時代の身長

清宮幸太郎,中学校

清宮幸太郎選手の中学校時代は
中学硬式の名門・調布シニアの主砲としての活躍です。

身長は中学3年で184cm
体重97kgは

身長・体重ともに既にプロ級ですね。

調布シニア時代はこの体格で
シートバッティングで150mだか飛ばしたらしいです。

その清宮幸太郎選手高校では既に13本ものホームランを打っています。
この、夏の甲子園予選、はたして何本もの本塁打を見せてくれるか楽しみですね。

 

清宮幸太郎,小学校,東京北砂リトル,中学校,調布シニア

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 5180umIoN0L._SY355_ リオデジャネイロ・オリンピック マスコット2体SET通販
51l7nohGOOL._SX342_ リオ・オリンピック公式グッズはこちら

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る