世界卓球  平野美字と伊藤美誠 みうみま 誤審報道の真実は?

  • 2016-10-11
  • 世界卓球  平野美字と伊藤美誠 みうみま 誤審報道の真実は? はコメントを受け付けていません。

2015世界卓球蘇州大会の最大の注目となったのはなんと言っても
「みうみま」の平野美字と伊藤美誠の女子ダブルスの中学生コンビ
残念ながら昨日の2回戦で敗退したが、ネットでは誤審との声が広がっているが
事実は?

平野美字と伊藤美誠 誤審報道の真実は?

実際のゲームのこのシーンを見てはいないので何とも言えないが
完全なる誤審であれば徹底的に抗議するべきところ

しかし、ネットでの書き込みを見るに

審判が「ルールを誤認識していた」という書き込みが多く
誤審とまではいかないようだ。

しかし、卓球はメンタル面での影響が非常に大きなスポーツ
ちょっとした事でリズムを狂わされてしまうことも事実だ

大きな大会の大事な場面
しかも、世界大会初出場のしかも中学生ペアにとっては
ちょっとした審判の対応も大きなプレッシャーになるはず。

問題が起きたのは

セットを取っていたら勝てシーンの
1点リードのポイントだったらしいが、「みうみま」ペアがサーブ出す人間違えて得点した。
しかし、審判は、サーブ出す人間違えたペナルティとして相手に得点を与えたというもの。

%e3%80%8c%e3%81%bf%e3%81%86%e3%81%bf%e3%81%be%e3%80%8d

審判のルールの誤認識とある。
みうみま側に入るポイントを相手側に入れてしまったとあるが
サーブの順番を間違ったのも事実
実際、この場合の正式なルールはどうなんだろうか?

このあたりはコーチや監督の仕事ではなかったのかな?
と思われる。

審判のジャッジは覆る事のないスポーツ界だが
テニスなどは線審に対するアピールがみとめられコンピュータを
使ったジャッジがなされている。

卓球に関してはテーブルがあるだけにライン場の微妙なジャッジは不要なのだろうが
ルールに対する認識は持っておかないといけないかも

試合展開が早い卓球、メンタルが大きく左右する
だけに、あれあれと言う間にリズムが狂わされて
知らぬ間に、勝てるはずの試合を負けてしまったということだろうか?

その点は悔やまれる

この、教訓をぜひ次に活かして大きく羽ばたいて欲しい

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 5180umIoN0L._SY355_ リオデジャネイロ・オリンピック マスコット2体SET通販
51l7nohGOOL._SX342_ リオ・オリンピック公式グッズはこちら

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る